Past News

Background of TOWA Vol.2 / TOWAについて Vol.2


グラスウェアシリーズ TOWA には江戸切子だけでなく、大正浪漫硝子で作られる別のシリ
ーズがあります。大正浪漫硝子は、骨灰という原料の入った硝子に急激に温度差を与える
ことにより、変色する性質を活かして紋様をガラスに浮かびあがらせる「あぶり出し技法」
を使用した硝子です。
また現在では、この技法は限られた職人にしか扱うことが出来ず、世界で唯一廣田硝子が
所有している技術です。

画像上 : 廣田硝子株式会社 社長 廣田達朗さん
画像下 : TOWA 大正浪漫シリーズ

It is not only Edo cut glass in glassware series TOWA, and there is the different
series made with retro glass called Taisho Roman glass. Taisho Roman glass is
glass made by traditional manufacturing methods, such as the opal glass tech -
nique of the Taisho Era ( 1912 – 1926 ).
In the present era, this technique can be handled only in a limited craftsmen,
Hirota glass is the only company in the world that own this technique.

top image : HIROTA GLASS co,.ltd President / Mr. Tatsuaki Hirota
bottom image : TOWA / Taisho Roman glass series

Background of TOWA Vol.1 / TOWAについて Vol.1



江戸切子は、江戸時代後期に生まれたカットグラス工法の硝子工芸です。豪華なイメージの
江戸切子ですが、本来は硝子食器等の日用品に切子を施すことで庶民の生活に根付き発達
しました。現在でも東京には硝子関連会社が多く点在しており、中でも江戸切子は硝子生地
を制作する工房と切子職人との分業による手工芸として、古くから変わらぬ手法で作られて
います。

私たちがデザインに携わった TOWA を販売する廣田硝子株式会社は、東京の墨田区にある
1899年創業の老舗硝子メーカーです。伝統的な技法を守りながらも現代の視点に立った商
品の企画を行っています。また、TOWA の切子細工は伝統工芸士、清水秀高さんによるもの
です。グラインダーでカットを施し、切り口を滑らかに整えた後に丹念に磨き上げます。
この根気のいる一連の工程を経て、一層輝きを増した江戸切子が完成するのです。

The Edo Kiriko is made by cut glass technique originated in the late Edo period
in Japan. Nowadays Edo Kiriko is luxurious image, but originally it had taken root
deeply in people’s life by applying cut glass to commodity like tableware. Even
now in the Tokyo, it is dotted with many glass-related companies. Edo kiriko has
been made by traditional division of labor between glass factories and cut glass
craftsmen, it is a method that hasn’t change since a long time ago.

Hirota Glass selling TOWA which we designed is one of the long-established glass
maker in Sumida-ku of Tokyo established in 1899. Hirota Glass plans the product
reflecting the trend of the times while coexisting with traditional technique.
In addition, the cut glass work of TOWA is by Hidetaka Shimizu who is a tradition -
al craftsman. He give a cut with a grinder, polish up it carefully after having fixed
the cut end smoothly. After a series of processes to need this perseverance, Edo
kiriko which added to brightness still more is completed.

Exhibition / 母校での展示会に参加しました

母校で行われた展示会に参加しました。同大学の教授であるインテリアデザイナー沖健次氏の
大学退任に伴う記念展覧会として、歴代の生徒達の中から32組が集っての展示となりました。

◾︎ 会場 : 東京都八王子市 東京造形大学
◾︎ 開催期間 : 2014/9/17 – 10/4

The Exhibition for Kenji Oki, my former teacher to mark his happy retirement was
held from September 17. Design Studio monochro was participating. It was exhibi -
tion that 33 designer people who were all his students, they were joining.

◾︎ PLACE : Hachioji-shi, Tokyo | Tokyo Zokei University
◾︎ SESSION : 2014/9/17 – 10/4

Media listing information / メディア掲載情報

オランダの雑誌 101 Woonideeën の10月号にハナガスミが掲載されました。

An article about our works HANAGASUMI appeared in the October issue of
101 Woonideeën.

Releases for new products / 新商品 TOWA 発売のお知らせ

廣田硝子株式会社より、デザインスタジオモノクロがデザインしたガラス食器シリーズ
「 TOWA(トワ)」が発売されました。

廣田硝子は東京で百年以上続く老舗のガラスメーカーです。伝統を守りながらも時代の
求める新たな商品を開発し、世に送り出すグローバルな会社です。

販売店等の情報はメーカーにお問い合わせください。
廣田硝子株式会社
http://hirota-glass.co.jp/

We will announce that the new product glass series「 TOWA 」by design studio
monochro was released from HIROTA GLASS co,.ltd.

HIROTA GLASS co,.ltd isglass manufacturer of long-established last more than
100 years in Tokyo. HIROTA GLASS co,.ltd protect the tradition, also to develop
products meet contemporary needs and expand overseas aggressively.

Please contact the manufacturer for information the store that you can buy it.
HIROTA GLASS co,.ltd
http://hirota-glass.co.jp/